初めてのぎっくり腰体験

初めてのぎっくり腰体験

元々ドッグトリマーと言う職業柄、時々腰痛にはかかっていました。
中腰になったり身体を斜めに倒したり、腰に負担のかかる姿勢をとる事が多い立ち仕事だからです。

 

若い頃は軽い腰痛の時は入浴して一晩したら回復、少し重い時でも2?3日すれば治っていました。
それ程ひどい腰痛にはかかった事は無かったのですが、40代に入ってそれはそれはひどい腰痛にかかった事がありました。

 

パソコンに向かって長時間作業をし、それが数日続いた時の事です。
2日目になって何となく腰が重いなと感じていたのですが、3日目には歩けない位いたくなってしまいました。

 

どうにもこうにも痛くてたまらなくて自分で車を運転する事も出来ませんでした。
日曜だったので病院は休みでしたが、仕方なくタクシーを呼んで救急で診て頂きました。
救急外来の廊下で待っている時にも激痛が襲い、クシャミをした時には悲鳴をあげてしまった位です。

 

今までに感じた事のないとてつもない痛みに不安になりながらも一人で待っていました。
診察と検査が終わりぎっくり腰と診断されました。
痛み止めを処方され、帰宅したら安静にする様に言われました。

 

それから又自分でタクシーを呼んで帰宅しました。
タクシーの運転手さんもぎっくり腰は職業病で何度も繰り返していると言ってました。
こんな痛みを繰り返すのかと思うと泣きそうでした。

 

1週間ほど安静にしていると治りましたが、それ以後は動作にも気を付ける様にしています。
幸い5年になりますがぎっくり腰はまだ再発していません。
足のしびれと、激しい腰の痛みがある場合椎間板ヘルニアと診断される様です。
足のしびれを自宅で簡単に改善する方法

不妊