副鼻腔炎

何度か検査した結果「アレルギー性鼻炎」と判明しました

学校の健康診断で「鼻炎」と診断されました。確かに頻繁に鼻水が止まらなかったりしていて苦しかったのです。
そこで毎週のようにバスに乗って耳鼻科に行っていたのですが、かかりつけ医の治療はチューブを鼻に通して洗浄したりするもので、痛いわりに効果が実感できませんでした。なんとか毎週通わなくて済む方法がないかと思い医師に相談したところ、レントゲンを撮ってくれたんです。すると、
「そもそも鼻の骨が曲がっているから、それを治せばよくなるかもしれないが、わからない」
という話になってしまいました。どうなるかわからないのに手術をする気にもなれず、それきり数年は、病院にも通わず、ただ鼻をかんで過ごしました。
しかしあるとき、どうにも止まらないので別の耳鼻科に行ってみたところ、アレルギーの検査をしてくれて、「アレルギー性の鼻炎」だという診断が出たのです。
それからは、アレルギーの原因となるものに近づかないようにしているのですが、だいぶ鼻炎の症状は落ち着き、楽になりました。
http://xn--l8jafb8b9f9a2auf3b2rtdd6225w3ika.biz/
とはいっても、いまだに、鼻炎用の薬は手放せません。
ハウスダスト、カビ、ほこり、など、アレルギー性鼻炎の症状を起こすものはあちこちにあり、とてもすべては防げないからです。
鼻水が止まらなくなると、鼻の下が切れてしまったり、頭がぼんやりしてしまったりで大変です。
いつかこういったアレルギー性鼻炎などが「完治」するような薬などが開発されることを真剣に祈っています。

不妊