思春期のニキビは悩ましい

思春期のニキビは悩ましい

ニキビが顔中にたくさんできて、とても悩んでいました。
ニキビができ始めた頃はおでこの周辺だけでしたが、だんだんほっぺ、鼻、顎のあたりまでどんどんできてしまいました。毎日鏡で自分の顔を見るたびにため息をついていました。
学校へ行くと、男子生徒から「お前、ニキビがひどいな」と言われて傷ついたり、知らない人から顔をまじまじと見られると、「ああ、私のニキビを見て笑ってるんだな」と悲観的になったりもしました。
母は「ニキビは若い証拠。誰でもできるし、もう少し年が経てば自然と治るよ」と言ってくれましたが、当時の私は「そんなこと言ったって、じゃあいつ治るの?治る保証あるの?」と母に八つ当たりをしてしまっていました。
とりあえず早くなんとかして治したい!と思い、隣町の有名な皮膚科で診てもらって薬を処方してもらいましたが、なかなか治る気配はなし。次に友人のお母さんから紹介してもらった無添加の洗顔を買って試してみたけど治る気配なし。もう絶望的になっていました。そんなこんなでニキビは高校3年まで治りませんでした。目の下ふっくら
だけどこれも面白いもので、あれほどニキビに悩んで色々なことを試したのに、なぜか19歳になった頃から急にニキビは減っていき、すっかりキレイに治ったので、人間の体って不思議なもんだなって思います。結果的には母の言う通りになっていました。
もし今、ニキビに悩んでいる中高生がいたら、あんまり悲観的にならなくていいよ。と伝えてあげたいです。

不妊