トイレに行くための人生

トイレに行くための人生

頻尿で夜中に何度も起こされて困っています。
私の部屋からトイレまでは遠いので、トイレに行くのが面倒くさいのです。
我慢しすぎると膀胱炎になるし、行くのは面倒くさいわで、「なんで、こんな事で悩まなければならないのか」と「私の人生はトイレに行くために存在するのか」と自問自答を繰り返しています。
人間も40歳を超えると、おしっこの悩みを持つ人が男女ともに増えてくるそうです。
今はドラッグストアで買える漢方薬(八味地黄丸)を一応、飲んでいますが、そろそろ時間を作って医者に行かなければなりません。
外出先でも急にトイレに駆け込みたくなり、不便で仕方ありません。
毎日、とても不安な日々を過ごしています。
頻尿の原因はたくさんあるそうですが、不安感が大きな要因になっている神経性頻尿症というのがあるそうで、私の場合もこれに相当する様な気がします。(昔から神経質なので(汗))
また、尿漏れもほんの少しですが始まっています。
尿漏れは男女問わず多くの人が悩むものらしいのですが、たんに加齢のせいだけではないそうです。
私の場合、そんなにひどいに尿漏れでは無いのですが、たまにジワッと出る事があります。
全然無意識で出るので、さすがに少しヤバいと思います。「俺ももう人として終わりが近づいているのか」と愕然となります。
おしっこが終わって、パンツを上げ、ズボンを履いた後にジワッと出る事が多々あります。
それを防ぐためにどうしてもトイレの時間が長くなってしまい、困っています。

不妊