後鼻漏

長年の付き合いになっている鼻炎

鼻炎を経験したのは20代後半からです。初めは鼻炎というものを知らず鼻詰まりが酷くなると耳鼻科に行っていたのですが、何度通っても副鼻腔炎と診断されていました。たまたま違う耳鼻科の先生とお話しする機会があり、頭重感について相談したかったので病院へ行きました。その先生は歯科の先生をしていた事もあったそうで、歯科を紹介され病名がはっきり分かった事で先生を信頼するようになったんです。頭痛は様々な原因があるから、鼻詰まりの時も診せて欲しいと言われていたので、その後に鼻が詰まって苦しい時に病院へ行きました。耳も詰まるような感じだったので頭がもやもやしてとても不快だったんです。レントゲンや血液検査をしてもらいアレルギー性鼻炎と診断されました。私の住んでいるところは杉林ばかりでアレルギーを発症したらしいです。ひどくなると、咳や発熱の症状まで出るようになり点滴に通院したりした事もあります。仕事場がとても埃が多いところで乾燥もしているため、ほぼ一年中耳鼻科に通うようになりました。周りにも鼻炎の人が多くいたので季節毎に注射を打つ人や食べ物や飲み物で症状を改善している人がいたので私もいろいろと試してみましたが、これといった効果が出ずマスクをして部屋を加湿する事くらいしかできませんでした。鼻水も水っぽいので口元に落ちてくる事も度々でした。風邪が治った後も鼻炎や後鼻漏になったりします。花粉、ハウスダスト、黄砂などで反応する鼻炎なのでほぼ通年鼻炎状態です。病院にすぐ行けるわけでもないので、症状の軽いうちに市販の鼻炎薬や鼻炎スプレーなどを使っています。バックの中に薬は常備していないと不安です。鼻炎が治る特効薬があったら欲しいくらいです。後鼻漏改善の情報はこちら:後鼻漏(こうびろう)の悩み解決|鼻の奥のつまり感を解消

不妊